前期損益修正益

Pocket

前期損益修正益とは、前期より前に計算された損益の修正による利益を管理する勘定科目のことである。

前期損益修正益は、すでに過ぎた年度に、大きすぎる金額の減価償却費を計上してしまった場合に使い、損益計算書上では、特別利益に分類して管理するのである。前期より前に計上した減価償却費を修正した金額や、貸倒損失に計上した売掛金などの金額などが含まれているのである。前期よりも前の年度における経理処理の修正により、損失となる時には前期損益修正損の勘定科目を使うことができる。

この前期損益修正益を見る際には、会計処理の修正をする金額が大きいと、売上高などの計算の誤りは定期的におきる傾向があるのだ。一方で、修正する金額が小さい際には、売上高を大きくする仕訳をしたり、仕入高を少なくする仕訳をするなどの調整をすることが必要となるのである。ただし、株式会社が株主総会において承認された決算書を、後になって修正することはできないので注意が必要である。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。