前払費用

Pocket

前払費用とは、一定の契約に従い継続して役務の提供を受ける際、まだ提供されていない役務に対して支払われた対価のことである。
前払費用は時間の経過とともに時期以降の費用となる性格のものであるから、貸借対照表には経過的に資産として計上される。前払保険料・前払家賃・前払利息などがこれに該当する。

前払費用と前払金の違い

企業会計原則注解の注5によれば、前払費用について次のように定義している。

「前払費用は、一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合、いまだ提供されていない役務に対し支払われた対価をいう。従って、このような役務に対する対価は、時間の経過とともに次期以降の費用となるものであるから、これを当期の損益計算から除去するとともに貸借対照表の資産の部に計上しなければならない。また、前払費用は、かかる役務提供契約以外の契約等による前払金とは区別しなければならない」

前払費用と前払金は一見よく似た勘定科目であるが、前払金は商品や役務の提供を受ける前にその代金の一部または全部を支払った場合に生じる一時的な債権であり、「継続して役務の提供を受ける場合」には該当しない。これにより前払費用と前払金は厳密な区分が可能である。

前払費用の考え方

「一定の契約に従い継続して役務の提供を受ける」とはややわかりにくい表現であるが、これはたとえば火災保険など「前もって代金の全額を支払わないと効力が発生しない取引」の支払などが該当する。

また、前払費用はいわゆる「ワン・イヤー・ルール」が適用され、貸借対照表日の翌日から1年以内に役務の提供を受けるものを前払費用、それ以降のものは長期前払費用として処理する。ちなみに、前払費用の対となる概念である前受収益では、当該前受収益が「営業活動に直接関係する」とみなされれば正常営業循環基準が適用され、役務の提供が1年以上先であっても流動資産とみなされる。

経費の管理でお悩みの方必見「MFクラウド経費」のご紹介

経費精算が面倒、と感じることがありませんか?

・領収証をエクセルに1件づつ入力するのが大変
・電車の運賃をいちいち検索して入力している
・経費精算を溜め込んでしまい、何時間もかかってしまう

MFクラウド経費を使うと、面倒な手入力がゼロになります。

・クレジットカードや口座、SuicaなどICカードの明細を自動取得
・レシート・領収証はカメラで撮るだけ、オペレーターが代わりに入力します
・経路検索するだけで、金額が入る
・OCRでレシート・領収証を読み取り

MFクラウド経費はPC、iPhoneとAndroidアプリでご利用いただけます。
無料でご利用いただけますので、ぜひお試しください。

経費精算システム「MFクラウド経費」

くわしい資料のダウンロードはこちら!
MFクラウド経費資料ダウンロード



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。