• 作成日 : 2014年10月22日
  • 更新日 : 2020年6月15日

繰越欠損金とは

Pocket

繰越欠損金とは、欠損金の一種のことを指す。

1年間の所得金額で欠損金(赤字)がでた場合、法人税法では将来の課税所得から控除するために翌年度以降に繰り延べることを認めている。この繰り延べられた金額のことを繰越欠損金という。

具体的には、資本金が1億円以下などの条件を満たす中小企業の場合は全額控除が認められ、資本金が1億円以上の企業の場合は、80%の控除が認められている。

また平成24年4月1日より、それまで7年までだった繰り越し期間が、9年に延長された。

これに伴い帳簿の保存期間も7年から9年に延長された。なお、この制度が認められるのは、災害等により棚卸資産固定資産に損失がある場合や青色申告書によって申告している場合である。

たとえば、300万円の赤字が出た翌期に100万円の黒字になれば、前期の赤字と相殺して納税する必要はなく、さらに200万円分の赤字を持ち越すことが可能なため、次の期に300万円の黒字が出た場合でも、差し引いた100万円に課税されることになる。※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

会計業務を自動化!マネーフォワード クラウド会計

働き方改革対応自動アップデートの勤怠管理システム Money Forward クラウド勤怠