固定比率

Pocket

固定比率とは、固定資産のうち自己資本で賄われている割合がどれほど含まれているかを表すための指標である。

なお、固定比率は、固定資産を自己資本で割ることで計算できる。

固定比率は、固定資産と自己資本とを比べて分析したものであり、投資資金のうちどれだけが返済義務のない自己資本で賄われているかを見るための指標といえる。

固定比率を見ることで、会社の経営における安全性を分析することができる。

固定資産は、会社が営業を行なって得られる儲けで回収ができるので、借入を使うのではなく自己資本を使うのが理想的である。

安全な経営を行なう企業にとって、固定比率は 100%を超えないのが理想的な経営であると考えることができる。

すなわち、長期資本を上回る固定資産への投資は、決して望ましくない財政状況であるといえる。

固定比率が100%を超えた場合には、固定資産を調達するために、外部からの投資に依存していることを表しているのである。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。