経常利益

Pocket

経常利益とは、営業利益(売り上げから原価と営業に関係する諸経費を差し引いたもの)に営業外収益(本業の活動以外での儲け)を足し、営業外費用(企業の本業の活動以外で発生する費用)を差し引いたものを指す。

企業の本業だけでなく、本業以外からの収支も含んでおり、企業の総合的な収益力として示されることが多い。

経常利益を活用するメリットとしては、以下の2点があげられる。
・企業活動の成果として意識付けをすることができる
・人事関連では賞与を算出する際の指標として用いることができる

逆にデメリットとして、資金調達など財務活動も含まれてしまうため、担当以外の従業員にとっては納得感の低いものとなってしまう可能性が挙げられる。

また、経営者やそこに関わる人間が、指標としての意味を把握していないと経営判断を誤る可能性がある。

経常利益を割合にして表す場合(経常利益率)は、以下の式で表すことができる。

経常利益率 = 経常利益 ÷ 売上高 × 100



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。