為替換算調整勘定

Pocket

為替換算調整勘定とは、決算時において、連結対象となる在外子会社や在外支店などの財務諸表の為替換算手続の際に発生した貸借差額の処理をするための勘定のことを指す。

具体的には、決算時の為替相場により換算する資産・負債項目の円貨額、取得時や発生時の為替相場により換算する資産の円貨額の間の差額の処理方法のこと。

為替換算調整勘定は、在外子会社などの貸借対照表上にある項目、それを円貨へ換算する手続を行なった結果として発生。在外子会社などの経営成績と関係なく発生するため、純資産の部の中に独立項目に累積される。

在外子会社などにおける財務諸表上の換算の際に発生した為替換算調整勘定で、子会社などへの投資に関して連結貸借対照表上にある価額が、親会社の個別貸借対照表上にある投資簿価を下回ることで生じる差額は、「将来減算一時差異」に該当する。

反対に、子会社などへの投資に関して連結貸借対照表上にある価額が、親会社の個別貸借対照表上にある投資簿価を上回った場合は、「将来加算一時差異」に該当する。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。