借入金

Pocket

借入金とは、借用証書や約束手形を差し入れたり、金銭消費貸借契約などに基づいて、金銭の借入をすることにより発生したりする債務のことである。

借入金は、銀行などの金融機関や営業の取引先、親会社や親族、知人などから金銭を借り入れた際の債務のことであり、借入金の勘定科目で計上される。

一般的に借入金には、長期借入金と短期借入金に区分して管理される。長期借入金とは、1年以上の期間にわたって借りる金銭債務であり、短期借入金は1年以内が支払い期限となっている金銭債務である。

会社によっては区分せずに、長期借入金と短期借入金をまとめて簡単に処理している。

金融機関や取引先から借り入れる主な目的は、会社の設備投資や資金繰りが背景にある。短期借入金の場合は流動負債として、長期借入金の場合には固定負債として区分して管理される。

金銭貸借には利子が生じるため、債務の元本と利息に分けて会計処理される必要がある。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。