連結財務諸表

Pocket

連結財務諸表とは、企業集団の連結決算時に、集団内の会社すべてをひとつの会社とみなして作成する財務諸表のことである。連結財務諸表の作成にあたっては各企業集団の会社ごとに個別財務諸表を作成した後に「投資と資本の相殺消去(資本連結)」「債権債務の相殺消去」「未実現損益の消去」「持分法の適用」などを行ったうえで合算する。

連結財務諸表が重視される理由

連結財務諸表を作成することで次のような会計不正を防ぐことができる。

1.飛ばし

不良資産を一時的に結対象外の企業に押し付けて、実態よりも経営状態をよく見せる行為

2.利益の不正操作

商品などを大量に結対象外の企業へ売却することで利益を多く見せる行為
個別財務諸表だけ作成している場合は上記のような不正は発覚しにくいが、親会社と子会社の財務諸表を合算する連結財務諸表ならばこのような不正は行われにくい。

また連結財務諸表は企業の財務状況や業績の比較にも役立つ。
たとえば商品の生産から販売までを行っているA社に対し、B社は商品の製造を担当し、販売は子会社のC社に任せているという場合、単純にA社とB社を比べるのは難しい。このような場合はB社とC社の資産を結合した「連結財務諸表」で比較するのが望ましい。

連結財務諸表の構成

連結財務諸表の構成は次の通りである。

1.連結貸借対照表

企業集団の財務状況を表したもの。親会社と子会社の資産・負債等を合算したうえで、資本金や投資金などを相殺消去して作成される。

2.連結損益計算書

企業集団の経営成績を表したもの。親会社と子会社の収益費用を合算し、相互取引高の相殺消去等をすることで企業集団全体としての損益を算出する。

3.連結キャッシュフロー計算書

企業集団の会計期間における収入と支出の状況(キャッシュフロー)を表したもの。営業活動・投資活動・財務活動ごとに区分して表示する。

4.連結株主資本等変動計算書

連結貸借対照表における純資産の部の変動額のうち、株式資本に関する各項目の変動事由を報告するもの。期中の純資産の変動を把握するために作成される。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。