前受金

Pocket

前受金とは、製品やサービス等を提供する前に販売先から受け取る代金のことである。建設業会計では未成工事受入金ともいう。販売先が「商品を購入する」という意志を示すために頭金として支払う場合や、契約として金額の一部または全額を支払う場合があり、前受金を受け取った売主は買主に対して商品を引き渡す義務が生じる。

簿記勘定科目としての前受金

前受金は、一般的には「内金」や「手付金」のことであり、前受金を受け取る時点では製品やサービスをまだ提供していないため、契約上「預り金」という扱いとなる。仮にキャンセルとなった場合は前受金を返還しなければならないため、貸借対照表においては「負債の部」の流動負債に分類され、製品やサービスの提供後には売上などの勘定科目に振替えられる。

前受金の考え方

会計上、以下のようなものは前受金として処理される。
・受注品、受注工事等に対する前受金
・受託買付け時に委託者から受け取った前受金
・不動産業、映画業、倉庫業等の給付を営業目的とする営業収益

なお、会計でいう流動負債とは、企業が有する負債のうち貸借対照表日の翌日から起算して1年以内に支払期限もしくは給付引渡期限が来る負債のことである。これは短期負債とも言われ、前受金の他には支払手形・買掛金・短期借入金等が分類される。
前受金による売上は現金資産となるが、前受金を受け取ることによって「商品を引き渡さなくてはならない」という費用をともなう義務が生じる。このことから、前受金は流動負債と考えることが適切であるといえる。

ちなみに前払金は売主側が受け取るものであり、買主側からみれば「前払金」または「前渡金」にあたる。前払金を支払った時点ではまだ商品の提供がされていないが商品の提供を受ける権利を取得したと考えられるため、前払金は貸借対照表では流動資産に分類される。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。