売上高

Pocket

売上高とは、会社がサービスや商品を提供することにより稼いだ、売上金額の総額のことである。

売上とは、サービスや商品の販売により稼いだ収益金額のことであり、会社の経営における売上の総額が売上高である。この売上高が大きいほど会社の儲けが大きいことを表し、逆に小さいと会社の儲けが小さいことを表している。

この売上高は損益計算書の一番上に記載されており、売上高から販売目的の仕入れや人件費などの経費を引いて、会社がどれだけの利益を出しているかを計算できる。

それゆえに売上高は、会社が最終的にどれだけの利益を出しているかを表す非常に重要な数値と言える。

会社が得ている収益には、通常の営業活動から得られる利益だけではなく、有価証券の売却や預貯金の利息から得られる収益も含まれている。

とはいえ、会社にとって収益のほとんどは、やはり営業活動によって儲けた売上によるものである。売上が大きくなるほど利益も大きくなるため、会社にとっては売上高を増やすことが目標となる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。