売上高成長率

Pocket

売上高成長率とは、会社がどの程度の割合で成長しているかを表すための指標を指す。

売上高成長率 = 売上高増加額 ÷ 売上高

の式で計算することが出来る。

売上高成長率が高いほど、会社の経営状態が良いことを表している。とはいえ、売上高成長率が高かったとしても、市場自体の成長率が落ちる一方で物価の上昇率が低くなると、売上高が減少してしまうことがあるので注意が必要。

売上高成長率を分析することで、将来的な規模拡大の予測が出来るだけでなく、現時点での成長力を知ることもできる。成長率の検討を行なう上で重要になるのは、常にバランスが取れた成長をできているかを判断すること。

成長率が落ちている要因として、企業の経営状態によるものだけではなく、市場全体が成熟期から減退期に差し掛かっていたり、主力商品の競争力が落ちていることも考えられる。

以上のようなかたちで成長率の分析を行なうことで、長期的に安定した経営をすることができる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。