当期純利益

Pocket

当期純利益とは、法人税などの経費を支払ってから得られる、会社の経営活動の純粋な利益のことである。

また、当期純利益は、損益計算書において、税引前当期純利益から法人税や住民税、事業税などを引いて、最終的に残った利益を計算することで求めることができる。

一般的には当期純利益を活用することにより、会社の経営に関係する資本の大きさや営業活動の成果に対する認識を明らかにできるというメリットがある。

会社の経営に必要な経費を支払った上で、利益が出ている場合には当期純利益を用いて管理できるが、マイナスで損失が出ている場合には当期純損失として管理する。

当期純利益は、企業の一会計年度が基準になっており、決められた一定期間の営業状態を分析するのに利用される。

当期純利益の数値を把握することで、会社の営業方針や戦略が結果に結びついているかを知ることができ、会社にとっては非常に重要な要素の一つである。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。