特別損益

Pocket

特別損益とは、会社の正常な業務内容とは関係なく、その期だけに例外的に生じた多額な損失や利益のことである。特別損益は、特損と呼ばれることもある。

特別損益は、会社の通常の業務活動に関係せず、規則的また反復的に生じることのない臨時の利益や損失のことであり、特別損益の項目で管理することができる。

損益計算書においては、経常的に生じる損益には計上されず、臨時かつ多額の損益であるから、臨時損益および前期損益修正に分類することができる。

特別損益に含まれる項目の中には、火災や地震などの災害による建物の破損、不動産などの固定資産の売却損、長期にわたって保有していた株式の売却損などがある。

他にも保険差損益や投資有価証券評価損益、リストラ費用、固定資産の減損損失なども、特別損益として管理できる。このように特別損益を計上するので、会社の経営状態をより正確に反映できる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。