資産

Pocket

資産とは、会社の経営において、すでに保有している財産だけではなく、将来会社に収益をもたらす可能性があり金額で評価できるものを指す。

会計学的には、資産とは会社の経済主体に帰属する用益潜在力と定義されているが、利益をもたらす可能性のあるもの全てが資産となるわけではなく、貨幣額で評価できる利益を生み出す確実性が大きいものだけが資産とみなされる。

一例として、会社として有しているビルや土地、株券などの有価証券が資産として評価される。それ以外では、会社が所有する車や定期預金なども、貸借対照表に資産として記載される。

資産は、流動資産・固定資産・繰延資産に分けることができる。流動資産は変動が大きい財産のことであるが、現金や預金などが該当する。

固定資産は、土地や建物などの安定した資産であり、繰延資産には、創立費や開業費などが含まれている。会社の経営においては余裕のある資産が多いほど、会社の経営状態が安定しているといえる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。