• 更新日 : 2020年6月10日

支払利息割引料とは

支払利息割引料とは、銀行などの金融機関からの借入金に対する、借入金利息や手形割引利息の割引料のことである。

支払利息割引料の支払利息とは、会社の取引先や銀行などの金融機関からの社債や借入金に対して支払う利息のことであり、支払利息割引料の勘定項目で管理する。支払利息割引料は手形売却損と合わせて、支払利息割引料の項目で処理されることもある。

一般的に計上処理を行う場合には、償却原価法に基づいて、加減した金額を支払い利息に含めて調整するのが通例である。

支払利息割引料における割引料とは、金融機関に対して決められた期日の前に支払いを済ませた場合に、一定の割引を受けられるという処理方法である。

支払利息割引料を規定しておくことによって、より早い時期に債務を確実に回収することができるという利点がある。割引料で割り引くと損をしているように感じるが、支払利息には予め利息が足されているため、損をすることはない。

<関連記事>
私的整理における主な3つの借金返済の減額手法ってどんなもの?

会計業務を自動化!マネーフォワード クラウド会計

働き方改革対応自動アップデートの勤怠管理システム Money Forward クラウド勤怠


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

【監修】マネーフォワード クラウド会計

会計・経理業務に関するお役立ち情報をマネーフォワード クラウド会計が提供します。マネーフォワードクラウドは会計から人事労務までクラウドでDXを推進、バックオフィスの業務効率化を応援します。