前期損益修正損

Pocket

前期損益修正損とは、前期以前に計上した損益の修正により、損失が生じた時に管理するための勘定科目のことである。

前期損益修正損は、株主総会ですでに決められて承認された決算書の内容は、過去に戻って修正してはならないため、前期損益修正損という勘定科目により管理するのである。一例として、前期以前における減価償却費が小さすぎる時の修正額などが上げられるのだ。ちなみに、前期損益修正損の反対の概念は、前期損益修正益なのである。今期の利益や損失に含めない過年度の修正は、今期の計算から外し、特別な損失として管理する必要があるのである。

前期損益修正損を用いるのは、修正する金額が大きいことが多いため、売上高などの計上の間違いは定期的に起こる傾向があるのである。修正する金額が小さい場合には、売上高を小さくする仕訳をしたり、仕入高を大きくする仕訳などをするなどの調整をすることができるのである。もし、修正をした結果、利益となった場合には、前期損益修正益の勘定科目で管理するのである。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。