貸倒懸念債権

Pocket

貸倒懸念債権とは、経営破綻の状態にまでは至っていないものの、債務の返済に大きな問題が発生している、または発生する可能性が高い債務者に対する債権のことである。

一般的に債権は、債権者の経済状態や営業成績に応じて、一般債権、貸倒懸念債権、破産更正債権などの三つの区分に分類される。

貸倒懸念債権を区分している目的は、貸倒見積高を算出するにあたって、貸倒引当金設定額の算出方法を規定することである。

貸倒引当金とは、貸倒見積高を計算することにより発生する引当金のことである。

通常、貸倒懸念債権に関しては、キャッシュフロー見積法や財務内容評価法によって、貸倒見積額を算出することが可能となっている。貸倒懸念債権は債権者側が計上する勘定項目であるが、貸借対照表においては資産から引く手法で表示することができる。

貸倒懸念債権は損益算定のために計上されるというだけで、貸倒引当金にあたる資金が確保されるわけではない。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。