株主資本比率

Pocket

株主資本比率とは、借りている資金や株主資本などを合わせた総資産の中に占める、株主資本の割合を計算するための指標である。

なお、株主資本比率は、株主資本を総資産で割ることで計算することができる。

また、関連する用語としては株主資本が挙げられる。株主資本は、会社の経営に必要な財務状態の安定性を測るための指標である。

株主から調達した資金や、過去の利益の蓄積などを合わせた資産に占める株主資本の比率を分析することができ、一般的には株主資本比率が高いほど財務状態の安定を意味している。

これは株主資金が、負債とは異なり返済を必要としない資金であるという理由が考えられる。

株主から調達した自己資本は、業績が好調で利益が出ている時には、株主に対して配当金を還元する必要があるが、業績が悪く利益が出ていない時には配当金の支払いがなされない。

それとは逆に借入をした資金は、会社の業績が良いか悪いかに関係なく、返済をする必要があるため、会社にとっては株主資本比率が高い方が、安全な経営を維持できるのだ。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。