時価ヘッジ

Pocket

時価ヘッジとは、まだ決済をしていないデリバティブ取引に関する、時価評価をするための特例の方法のことである。

時価ヘッジ処理を適切に利用するためには、有効性判定を行ない、有効であると判断される必要がある。時価ヘッジにおける有効性の判定は、デリバティブ取引の損益金額を、評価された差額で割った比率により計算される。

計算の結果が、おおよそ100%に近いかどうかで判断される。

日本国内の法人が、売買目的以外の有価証券による損失を減らすためにデリバティブ取引を行なう際には、その収益や損失を事業年度の損益金に加える。

時価ヘッジの対象となる資産や負債に、市場の価格変動などによる利益や損失の影響を反映できる時には、その影響とデリバティブ取引の損益とをあわせて一緒に計上することができ、これが時価ヘッジ会計である。

とはいえ、法律上では、時価ヘッジ処理ができるのは売買目的ではない有価証券に限られているので注意が必要である。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。