現金主義

Pocket

現金主義とは、会社の経営における収益や経費を、現金の収入と支出に基づいて損益計算する会計原則のことである。

現金主義の原則に基づいて会計計算を行なうことで、現金による収入という非常に確実な基準によって損益が計算されるため、資金面での安全性を確保することが可能となる。

現金主義は現実主義会計とも呼ばれ、現金の受け渡しに関係なく損益を計算する発生主義とは対照となる概念である。

現金主義会計においては、常に利益と経費が連動しているため、実際の資産状況と差が生じることが少なく、会計管理上の問題を軽減することが可能になる。

とはいえ大きな企業においては、毎日多くの取引が行なわれているため、現金の支払いによって収入や支出を管理することは現実的ではなく、企業会計においては許容されていない原則である。現金主義では信用取引をすることができず、資産への減価償却ができないなどの問題がある。

そのため、企業においては信用取引が行なわれていない状況下でのみ、正確な損益計算ができる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。