• 作成日 : 2014年11月30日
  • 更新日 : 2020年6月10日

営業キャッシュフローとは

Pocket

営業キャッシュフローとは、会社が商品の販売やサービスの提供によって獲得した収益から、原材料や営業活動などの経費を差し引いて、得ることのできた現金収支のことである。

営業キャッシュフローを分析することにより、会社が1年間の経営活動において、どれだけの現金収入を獲得する能力があるかを、数値で正確に把握することができる。この営業キャッシュフローの数値が大きくプラスであるなら、会社の経営状態が良好で安定していることを示している。逆に、営業キャッシュフローがマイナスであるなら、借入金の返済や新規投資だけでなく、会社経営を維持するためにも借入金に頼る必要があり、経営状態は悪い状態であることを表す。

営業キャッシュフローの分析を行なうことで、経営の収入と支出の関係を明確に把握することができる。営業キャッシュフローをプラスにするために、業績を上げて取引条件を改善することで増加させることができる。会社が業績を上げるためには、経常利益を増やすことが重要である。※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。