税引前当期純利益

Pocket

税引前当期純利益とは、その名の通り法人税などの税金を支払う前の利益のことで、経常損益に主な営業活動とは関連の低い、臨時の出来事によって生じた特別利益を加えた額から特別損失を差し引いた金額のことを指す。

税引前利益や税引前当期利益、税金等調整前当期純利益などとも呼ばれることがある。また、利益ではなく損失の場合は税引前当期純損失と呼ぶ。

税引前当期純利益は次の計算式によって算出することができる。「税引前当期純利益 = 経常利益(損失) + 特別利益 - 特別損失」

税引前当期純利益の解釈の例として、経常利益が赤字であるのにも関わらず、税引前当期純利益が黒字となっている場合は、金額の大きい不動産を売却したことなどにより、業績を良く見せようとしていることが考えられる。

純粋な企業活動全般の収益性の比較という観点からは、最低でも3期分程度の税引前当期純利益を比較することが望ましく、営業利益や経常利益との比較によって本業、副業、そして事業全体とのバランスを確認することも与信管理においては非常に重要である。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。