実現主義

Pocket

実現主義とは、会計上のすべての損益を実現した時点で計上すべきとする会計学の考え方のことであり、企業会計は原則的に実現主義に基づくことが要請されている。

企業における収益の計上基準は、発生主義・実現主義・現金主義などに分類することができるが、これを実務的な場面に対応させると、それぞれ価値形成時点・販売時点・入金時点だと表現することができる。

企業活動の成果を把握するという観点からいえば、売買契約が成立した時点だけに着目する実現主義という考え方に妥当性があるとは決して言えないが、経理上最も確実性が高く、また利益の処分可能性という点から見ても、実現主義を採用することで処理がしやすくなるということから、企業会計原則では実現主義が推奨されている。

実現主義のメリットとしては、客観的な数字のみが計上されるため会計の信頼性が高くなるという点を挙げられる。

一方で、長期継続的な事業の場合には経理が煩雑になったり、金融商品の価値変動に対応しきれず損益を正確に把握できない可能性もあるというデメリットもある。

【おすすめ】確定申告でお困りの方へ

マネーフォワード クラウド確定申告なら

  • 面倒な作業はすべて自動化
  • 万全のサポート体制で未経験者でも安心!
  • まずはお試し1ヶ月無料


マネーフォワード クラウド確定申告を無料で試してみる