発生主義

Pocket

発生主義とは、実際の現金の収支に拠らず将来的な経済価値に着目して計算を行う会計基準のことであり、現金主義に対比する概念である。

企業における収益の計上基準は、主に発生主義・実現主義・現金主義に分類することができるが、これを実際の事業の場面に対応させると、それぞれ価値形成時点・販売時点・入金時点だと表現することができる。

発生主義を採用している場合には、実際に売上が上がるのを待たずして価値が形成された段階で利益として計上されるため、収益の長期的な認識が容易となるメリットをもつ。

具体例としては受注生産を行っている商品の場合が考えられ、実際の引き渡しや代金回収がまだ行われていないとしても、商品完成の時点で利益が発生したと考えることができるが、ただし未実現収益の計上は禁止されている。

発生主義を適用できる勘定科目としては、前払費用・前受収益・未払費用・未収収益・減価償却費・繰越資産・退職給付引当金などを挙げることができ、損益計算書は発生主義に基づいて作成される。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。