減損会計

Pocket

減損会計とは、資産へ投資をした際に、その資産による収益の回収可能性を企業の財務状況へ反映するために行なう会計処理のことを指す。減損処理とも呼ばれる。

具体的には、主に固定資産の収益性が低下し、投資額の回収が見込めなくなった際に、その資産の帳簿価額に価値の下落分を反映させる処理を行うこと。

減損処理を行なうことになった資産は、帳簿価額を減額するのと同時に、損益計算書でも損失として計上する必要がある。

のれん代や知的財産権のような無形固定資産を含む、会計上のあらゆる資産に対して適応させることが可能だが、一般的には有形固定資産について指すことが多い。

減損処理を適応させる必要があるかどうかの判断を行なうためには、以下の3ステップが必要となる。

1.減損の兆候がある資産、資産グループの把握
2.兆候ありと判断された資産や資産グループの減損の可能性がどの程度確実かの調査
3.減損損失の認識が必要と判断された資産や資産グループの帳簿価額を減額し、減少分を減損損失として計上

なお、日本では2006年3月期決算から減損会計の強制適用が開始されている。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。