• 作成日 : 2015年10月13日
  • 更新日 : 2020年9月17日

消費税で認められる特例の数々

消費税で認められる特例の数々

消費税は平成26年4月1日からついに8%になり、今後は10%になる予定です。

消費税は国の財源として重要なものですが、数々の特例があり、事業者として知っておくと節税や経営のヒントになります。

ここでは、消費者だけでなく、事業者にとっても重要な消費税における特例の数々をご紹介します。中小事業者の事務負担を軽減するために、いくつかの特例措置があります。

消費税の納税免除

消費税が免除されるかどうかは、基準期間の課税売上高によって決まります。消費税がかかる売上高が1,000万円以下であるなら、特例として消費税納税は免除されます。

消費税が免除されるか否かを判定する基準期間とは、
・個人事業者の場合は原則としてその年の前々年

・法人の場合は原則として前々事業年度(年度とは決算日の翌日から次回の決算日まで)
新たに開業した個人および法人には基準期間がないため、原則として消費税の納税は免除されます。

しかし、以下の場合は基準期間がなくても消費税の納税義務が生じますのでご注意ください。

・事業年度開始の日に、資本金または出資額が1,000万円以上の法人

・平成25年1月1日以降に開始する年または、事業年度において、特定期間における課税売上高が1,000万円を超えた事業者

※特定期間とは、個人はその年の前年の1月1日~6月30日まで、法人は前事業年度開始の日以後6カ月間です。

・特定新規設立法人に該当する場合

※特定新規設立法人とは、平成26年4月1日以後に設立した新規設立法人(その事業年度の基準期間がない法人で、その事業年度開始の日における資本金または出資額が1,000万円未満の法人)のうち、次の(1)、(2)のいずれにも該当する法人です。

(1)その基準期間がない事業年度開始の日において、他の者により株式等の50%超を保有される場合など、特定要件に該当すること。
(2)上記(1)の特定要件に該当するかどうかの判定の基礎となった他の者等のうち、いずれかの者(判定対象者)の当該新規設立法人の当該事業年度の基準期間に相当する期間における課税売上高が5億円を超えていること。

(参照:No.6501 納税義務の免除|国税庁

消費税の簡易課税制度

通常納税する消費税額は、課税売上の消費税額から課税仕入の消費税額を引いた差額となります。

(課税売上高(税抜)×100分の8)-(課税仕入高(税込)×108分の8)

簡易課税制度とは、条件を満たした事業者が課税仕入高に関係なく、課税売上高から一定の割合で仕入控除税額を算出して納税できる特例制度のことです。以下2つの条件を、すべて満たす事業者に対して適用されます。

1.簡易課税制度の適用を受ける旨の届出書を事前に提出している

2.消費税課税基準期間の課税売上高が5,000万円

簡易課税制度は、仕入控除税額を課税売上高に対する税額の一定割合とするというものです。この一定割合をみなし仕入率といい、売上げを下記の事業6つに区分し、それぞれの区分ごとのみなし仕入率を適用します。

みなし仕入率

1.第一種事業(卸売業)…90%

2.第二種事業(小売業)…80%

3.第三種事業(製造業、農林漁業、建設業、電気ガス水道業など)…70%

4.第四種事業(第一種から第三種と第五種及び第六種事業以外の事業をいい、具体的には飲食業など)…60%

5.第五種事業(運輸通信業など含むサービス業など)…50%

6.第六種事業(不動産業)…40%

(参照:消費税法令の改正等のお知らせ(PDF)|国税庁

消費税と価格の表示に関する特例

消費税導入に伴い、消費者に対する小売事業者の消費税込価格表示が義務づけられていましたが、今後行なわれるであろうさらなる消費税の引き上げと、それにともなう小売業者の事務負担を考慮し、特例措置が設けられています。

平成25年9月30日までは、税別1,000円の商品は5%の消費税を含む1,050円と表示が義務づけられていました。消費税は平成26年4月1日に5%から8%に改正され、今後は10%になる予定です。

それに伴って、平成25年10月1日から令和3年3月31日までは、「現に表示する価格が税込価格であると誤認されないための措置(誤認防止措置)」をしている場合に限り、税込価格の総額表示をしなくてもよいという、特例措置が適用できるようになりました。

誤認防止措置とは具体的にいうと、価格が税込みか税抜きか、消費者にわかりやすく表示するということです。
例えば、チラシや店頭の価格表示が以下のようなものは認められています。

・1,000円(税別)

・1,000円(本体価格)

・1,000円(税抜価格)

・1,000円 + 税

・価格の一覧表やメニューなどの見やすい場所に、「価格はすべて税抜き価格です。別途消費税をお預かりします」と表示がある。

(参照:総額表示義務の特例措置に関する事例集(PDF)|国税庁

消費税が段階的に引き上げられるなか、消費税は事業者、消費者にかかわらず大きな影響があります。消費税の次なる引き上げが迫るなか、消費税は事業者にとっても、消費者にとっても、大きな影響をもたらします。

起業するうえで、納税免除の特例措置を活用することや、簡易課税制度なども知っておくと、業種や事業内容によっては節税になるだけでなく、事務の負担も軽減されます。

価格表示の特例措置も期限がありますので、しっかり把握しましょう。

参考URL:
課税標準額に対する消費税額の計算の特例|国税庁

関連記事

簡易課税の改正で事業区分やみなし仕入率が一部変更に
消費税の納税はどっちがオトク?!簡易課税と原則課税の違い
個人事業主の「消費税」に関する見逃せない5つのポイント※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

監修:土屋 英則 (税理士)

税理士法人ゆびすい
ゆびすいグループは、国内8拠点に7法人を展開し、税理士・公認会計士・司法書士・社会保険労務士・中小企業診断士など約250名を擁する専門家集団です。
創業は70年を超え、税務・会計はもちろんのこと経営コンサルティングや法務、労務、ITにいたるまで、多岐にわたる事業を展開し今では4500件を超えるお客様と関与させて頂いております。
「顧問先さまと共に繁栄するゆびすいグループ」をモットーとして、お客さまの繁栄があってこそ、ゆびすいの繁栄があることを肝に銘じお客さまのために最善を尽くします。
お客様第一主義に徹し、グループネットワークを活用することにより、時代の変化に即応した新たなサービスを創造し、お客様にご満足をご提供します。

関連記事