税効果会計

Pocket

税効果会計とは、会計上の法人税などを発生主義で認識する方法のことをさし、会計上の損益認識時点と 課税計算上の損益認識時点との間にずれが生じた場合に、その期間帰属の差を調整するものである。

税効果会計において、法人税法上の所得と利益は、 その算出方法において認識時点、及び認識範囲が異なる。

貸借対照表(BS)に計上される資産、及び負債の金額と税務上の資産及び負債の金額との差額を「一時差異」、 交際費のように会計上は経費として計上しながらも、税務上において損金として扱われない項目を「永久差異」という。

「一時差異」は「将来減算一時差異」と 「将来加算一時差異」に分けられるが、税効果会計はこの一時差異等を調整する役目として導入された。 下記に一時差異と永久差異の具体的な例を挙げる。

一時差異
1. 減価償却資産
2. 各種引当金
3. 未払い事業税
4. 棚卸資産など

永久差異
1. 交際費
2. 寄付金入
3. 受け取り配当金

従来は、連結財務諸表作成に当たり税効果会計を税効果会計を導入するかは企業の任意だったが、平成11年4月以降は、連結財務諸表の作成には税効果会計が全面適用となった。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。