商品有高帳

Pocket

商品有高帳とは、商品の種類別に在庫状況がわかる帳簿のことをいう。日付、商品の受入(=仕入)、払出(=売上)、残高などが記録される。商品ごとに仕入・売上もしくは返品の度に、その数量・単価・金額(原価)を記入する。残高を見ることで、各商品の在庫の数量や金額がわかる。
期中に在庫の管理をすることを目的としている。また、紛失や欠損などの原因で、期末において実際の棚卸数量が帳簿上の棚卸数料よりも少なくなっている場合などに備え、期末商品の評価を行う際にも使用する。商品有高帳に記入する場合、最初に販売した商品の払出単価を計算することから始まる。

払出欄の金額

払出単価を計算する場合、異なる単価で商品を仕入れたケースなどがある。その場合の帳簿への記入方法として、「先入先出法」「移動平均法」の二つの払出金額の計算の仕方がある。
先入先出法とは、先に仕入れた商品から順に払い出すことを前提として、払出単価を決定する方法である。商品が払出された場合、一番古い受入の価額をその日の売上原価として記入する。移動平均法は、単価の異なる商品を仕入れる度に、そこで単価全体の平均を求め、その平均値を払出単価とする方法である。
残高を記入する場合、先入先出法を用いた場合は、単価ごとに分けて記入を行う。移動平均法の場合は、残高金額を数量で割り、単価を改めて算出してから記入を行う。

商品有高帳の記入方法

フォーマーットには、「日付」「摘要」「受入」「払出」「残高」の欄がある。
摘要には、仕入や売上など、商品の受入もしくは払出の理由を記入する。
受入には、受け入れた商品の数量、単価、金額を原価で記入する。払出も同様に払い出した商品の数量、単価、金額を原価で記入する。ここでのポイントは必ずどちらも原価で記入する点である。商品の値引きなどをした場合値引きは利益のマイナスではあるが、在庫にある商品の原価には関係しないためである。そのため、実際にいくら売り上げたかどうかは一切関係がなく、商品有高帳では分からない。あくまで、在庫の中の商品の数量や金額を知るためだけのものである。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。