先入先出法

Pocket

先入先出法とは、棚卸資産の評価方法の一つであり、先に仕入れた商品から先に販売して、仕入れ金額の期末在庫を計算する方法のことである。

先入先出法は、仕入れ時期が早い商品から先に出庫して販売するという原則に基づき、棚卸資産の仕入れ原価を出庫原価と期末原価に配分して計算する方法である。

先入先出法における棚卸資産には、商品や製品、原材料や仕掛品などが含まれている。先入先出法には、原価配分の予測と実際の商品の流れが一致しやすいというメリットがある。そのため物価が変動しやすい時期でも、期末棚卸資産の貸借対照表価額が時価とほぼ同じに計上できる。

先入先出法に基づいて、商品を継続して販売するためには、その度に仕入れをする必要が生じます。商品の仕入れ単価は変動しているため、在庫の商品の仕入れ価格はそれぞれ異なっているのが実情です。

その際には、在庫商品の平均価額に基づいて、出庫していくなどの会計管理をする必要がある。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。