先日付小切手

Pocket

先日付小切手とは、振出日が将来の日付になっている小切手を振り出すことである。

また、先日付小切手は、振出日を実際の振出日よりも将来の日付に設定して振り出す小切手のことであり、小切手を振り出す時点においては、小切手の額面だけの資金が準備できていないものの、数日後には資金が準備できる場合に、資金が準備できる日付になってから支払いをする約束をするものである。

先日付小切手における振出をする予定の日付が10日以内である場合には、その日付までの間は短期信用証券として会計管理される。

先日付小切手の振出日が例え将来の日付であっても、小切手の所持人が金融機関に行けば、支払いを受けることは可能であるため、資金が準備できていないと不渡りを出すこともあるので注意が必要である。

そのため先日付小切手を振り出す場合は、取引先に事情を説明しておく必要がある。つまり取引先との信頼関係において振り出すという性質がある。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。