債務超過

Pocket

債務超過とは、債務者の負債の総額が、会社が保有する資産の総額を超えている状態で、資産を全て売却しても負債を返済しきれない状態である。

債務超過とは、会社の経営状態が悪化し、赤字が続いて利益剰余金がマイナスになり、純資産全体が赤字となっている状態のことである。この債務超過の状態に陥ると、法人や相続財産の破産手続きを開始する可能性が高くなる。

債務超過における会社の総資産とは、資本金や法定準備金、剰余金などの光景金額であるが、負債総額がこれらの総資本を超えるようになると、経営としては非常に危険な状態である。

日本の証券取引所において、企業が2年連続で債務超過の状態に陥っているなら、上場は廃止されることになる。

一般的には貸借対照表で財務状況を確認することができるが、損失ばかりで利益が出ていなかったり、保有している資産の価値が下がっていたりすると、債務超過になる可能性が高い。債務超過の状況に陥ると、会社の自力では負債を返済できなくなっているため、増資して資本を改善する必要がある。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。