期間損益計算

Pocket

期間損益計算とは、会社がある一定の会計期間における、事業経営の結果として得た収益を計算することである。

損益計算とは、会社の事業経営により得た収益を計算することであるが、会社にとっては収益を得ることが目的だから、この損益計算が非常に重要な指標となる。

大多数の会社は数十年の期間にわたり経営が行なわれるが、企業会計においては会社の経営が半永久的に継続するものとして管理する。期間損益計算では、その継続すると仮定された会社の経営期間を、一定期間ごとに区切り、その期間ごとに損益を計算する。

期間損益計算は、損益法と財産法という二つの方法で計算することができる。損益法は、会社が収益を得るために払った戦略や努力に対して、どれほどの収益結果が得られたかを把握する期間損益計算の方法である。

一方で財産法は、会社が所有する純財産と、会計期間の終了時点における純財産を比べて、財産の純増加額を把握する期間損益計算の方法である。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。