掛取引

Pocket

掛取引とは、代金の支払いや回収を、商品の購入時や販売時に行なうのではなく、一定期間過ぎてから決められた期日までに後日支払う取引の形式のことである。

掛取引は、商品取引の際には代金の支払いを行なわず、後日まとめて精算する取引のことだが、一般的には信用取引やツケと呼ばれている。これとは対照的に、取引の際にすぐに代金の支払いを行なうのが、現金取引である。

会社同士の取引は毎日非常に多く行なわれており、毎回のように現金を支払うのは現実的ではない。

また、大企業になると何億という金額になることもあり、毎回のように現金を準備するには経費も掛かってします。そのため現代社会においては、一ヶ月間などの一定期間分の取引金額を、一括で支払うのが一般的となっている。

掛取引により精算することにより、効率的に取引を行ない混乱や間違いを減らすことができるため、現金で支払う方法は少なく信用取引をすることがほとんどである。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。