買掛債務

Pocket

買掛債務とは、特定の会社から商品やサービスの提供を受けたものの、まだ納めていない代金を支払う義務のことである。取引先の会社から商品や製造に必要な材料の提供を受けた場合、すぐに現金で代金を支払うのではなく、一定期間あるいは 1ヶ月分の代金をまとめて後日に支払うのが一般的な方法である。

このまだ支払っていない時期に生じる金銭債務のことを、買掛債務と呼んでいる。買掛債務は負債とみなされるが、これには買掛金や支払手形などがある。会社は商品や原材料を仕入れて、仕入と買掛債務が生じると、勘定科目として仕入先ごとに日付や用途・金額を管理できる。

ある特定の会社から商品やサービスの提供を受けて、買掛債務を処理する際には、納品書などを用いて検収時にチェックする必要がある。

こうした検収作業を確実に行うことで、買掛債務の誤りや問題を前もって防ぐことができる。そのため、買掛債務を正しく管理することが、非常に重要になってくる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。