株主資本利益率

Pocket

株主資本利益率(ROE)とは、株主の持分に対してどれだけの配当を還元しているのかを表す収益性分析の指標である。

株主資本利益率は、一株ごとの当期純利益を一株ごとの株主資本で割ることで計算することができる。株主資本利益率は、自己資本利益率とも呼ばれ、株主の観点からどれだけ儲かっているのかを把握するための指標である。

株主資本利益率における自己資本は、純資産額から新株予約権および少数株主持分を引いた金額を用いる。

また、株主資本利益率は、純利益率・総資本回転率・財務レバレッジの3つの要素に分けることができる。

株主資本利益率を見ることで、株主から集めた株主資本を、どれだけ効率的に運用して利益を儲けているかを表すことができる。

株主資本利益率の比率が高いほど、成長率が大きく経営が安定した企業であることを示すともいえる。

株主資本利益率が高いレベルで維持できていれば、その企業が将来的に安定して利益を出せる有望な会社であることを示し、株主への利益の還元も期待できるのである。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。