移動平均法

Pocket

移動平均法とは、棚卸資産である商品の受入時点における平均単価をその都度算出し、その単価を払出し単価(売上原価)として、期末における棚卸資産の評価額を計算する手法のことである。

移動平均法において移動平均単価は、受入前の棚卸資産の残高金額に今回の受入金額を合計した金額を、受入前の棚卸資産の数量に今回の受入数量を合計した数量で除することで計算できる。

移動平均法は平均原価法の一つであるが、この手法を採用することで、期中や期末における棚卸資産の評価を行なうことができる。

この棚卸資産の評価ができないと、同じ商品でも購入単価が異なる場合に、経費と利益の関係が不明確になる。

移動平均法を採用することで、仕入れた商品の単価や数量を確定することができ、売上原価の算定が可能になる。さらに、会社の経営状態を表す時系列の中から、周期的な傾向変動を見つけて除去する方法としても活用されている。

そのため会社の取引においては、仕入れの都度、合計金額を数量で除する管理が必要となってくる。

<関連記事>
【会社設立後の手続き税務編】税務署・自治体で行う6つの手続きと必要書類

会計ソフト乗り換えで、Amazonギフト券5万円分プレゼント!