敵対的買収

Pocket

敵対的買収とは、企業買収のうち、買収対象会社の経営者に対して友好的ではなく仕掛けられた買収のことを指す用語であり、敵対的TOBとも呼ばれる。

友好的な企業買収の際には、買収対象会社の取締役会によって同意を得られているのが普通であるが、敵対的買収の場合には現経営陣の意思を一切考慮せずに一方的に実行されるものであり、株式を過半数取得することによって数的に経営権を奪い取り支配することになる。

多くの敵対的買収では、買収の成否めぐって激しい攻防が行われることになり、経営側が買収防衛策の導入を、仕掛ける側は株式を買い占めるための戦略を進めていき、泥仕合の様相を呈することも多い。

ただし、「敵対的」という表現から誤解されがちではあるが、敵対的買収の提案内容自体は株主や投資家にとって有害なものであるわけではなく、企業としての価値を高めようという意図はあり、あくまでも現経営者にとって敵対的な態度で遂行されるという意味に過ぎない。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。