限界利益

Pocket

限界利益とは、管理会計の概念の一つであり、売上高から変動費と呼ばれる原価を引いたものである。

限界利益には固定費も含まれており、固定費に利益をプラスして計算できる。

限界利益は、会社が商品を販売して儲けた売上により生じた変動費を、売上高から引くことで計算することができる。

会社にとって重要な利益の元となるのが限界利益であり、この限界利益が多いほど会社が儲かる仕組みになっているのである。

また、関連する用語としては変動費が挙げられる。変動費とは、商品を仕入れた時の代金や、商品を製造する際に必要な材料費のことである。

限界利益がそのまま会社の利益となるわけではなく、販売するのに必要な人件費や宣伝費などの経費を差し引いて、経常利益を計算することができる。

限界利益が大きいほど、会社の収益も大きくなるため、限界利益は会社の儲けの基本となる値といえる。

会社が儲かっているかどうかを判断する際には、売上高よりも限界利益の大きさのほうが役に立つ。同業種の企業と限界利益の大きさを比較することで、事業規模を判断する指標の一つにもなり得る。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。