外貨建取引

Pocket

外貨建取引とは、取引に関係する売買価額や取引価額の支払いが、外国通貨により表示されている取引のことである。

外国通貨により取引を行なう場合には、外貨を円換算して経営取引を記録する必要がある。

銀行によって通貨のレートが異なるため、基本的には主要銀行のレートを適用するのが最善である。取引日が休日の場合には、

直前の為替レートに基づいて算定することができる。また取引の都度、為替レートを確認するのが面倒な場合には、レートの月平均や月末、週末のレートに基づいて計算できる。

外貨建取引を行なう場合には、外貨建取引等会計処理基準や法人税法などの基準を遵守する必要がある。外貨建取引には外貨建債権債務も含まれているが、これは契約上の債権額および債務額を外貨で支払いを行なう債権債務のことである。

最近では海外との取引も当たり前となっているため、日本円よりも利率のよい外貨に投資するのも、経営においては必要な手段である。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。