EBITDA

Pocket

EBITDAとは、財務分析上の指標の1つのことを指す。具体的には、税引前利益へ特別損益、支払利息、減価償却費を足した値のことである。会計上の利益として損益計算書(P/L)上で表示されるものではない。

EBITDA(イービットディーエー/イービットダー)は「Earnings Before Interest, Taxes, Depreciation, and Amortization」の略。日本語へ訳すと「利払い前、税引き前、減価償却前、その他償却前利益」や「金利、税金、償却前利益」などのような形になるが、決まった訳語があるわけではない。

また、会計基準、金利、税法の国ごとの差異を除いた後の利益の額を示しているものでもあるため、多国籍企業の業績などを評価するのに有益な指標とされる。

そのため、2000年の頃は財務指標として一般的に用いられたが、2002年に起こったワールドコムの破綻がきっかけとなり、欠点が浮き彫りとなる。

その欠点とは、過剰な設備投資、M&Aにより生じた損失を、マイナス要因として扱えないという点である。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。