流動資産

Pocket

流動資産とは、国際的な会計基準の中では会計上の資産の中で、一年以内に現金化・費用化することができるものを指す。

この一年の基準のことをワン・イヤー・ルール(一年基準)と呼ぶ。一年基準に該当しなくても、仕入れ、生産、販売、代金決済のような企業の正常な営業活動を行うためのものも流動資産に含まれる。また、この基準のことを正常営業循環基準と呼ぶ。

固定資産、流動資産、繰延資産を合計したものが資産となる。

流動資産は、貸借対照表の区分で当座資産と棚卸資産とその他流動資産に分けられる。それぞれには、以下のような資産が含まれる。

当座資産には、現金・普通預金・売掛金・受取手形・有価証券など、棚卸資産には、商品・製品・原材料・仕掛品など、その他流動資産には、前渡金・前払金・短期貸付金・未収収益などが含まれる。

なお、流動資産と流動負債の金額を比較することにより、企業の安全性・安定性などを表す流動比率は、企業の安全性を判断する指標の中で重要な指標の一つとされている。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。