製造原価

Pocket

製造原価とは、製造業において製品の製造にかかった費用のことを指す。製造費用ともいう。
製造原価は大きく三つの費用に分けられる。まず一点目が、商品を製造するための原料費や燃料費などの「材料費」である。二点目に、製品製造のために支払われた従業員への給与や賞与、賃金などの「労務費」である。三点目が、材料費や労務費以外の原価である減価償却費や家賃、光熱費などの「経費」である。この材料費、労務費、経費の3点をあわせて製造原価の全体となる。製造原価を抑えることは、製品販売における利益の増大に直結する。そのため、いかに原価を低減するか、は企業経営において度々課題となる。

「直接費」と「間接費」

製造原価は大きく「直接費」と「間接費」に大別することができる。
その製品の製造に必要となる材料費や、製造ラインでの人件費などは「直接費」に含まれる。直接費が、特定の商品の原価として「直接消費された」と関連づけることができるのに対して、特定の商品と関連づけることが難しい費用が「間接費」に含まれる。具体的には、その商品だけでなく、他にも複数の製品を扱っている工場での減価償却費や家賃、管理部門の人件費などが挙げられる。一般的に直接費と比べると、管理が難しいとされている。
直接費はその製品に賦課されるが、間接費は定められた配布基準に従い、複数の各製品に配賦する必要がある。

製造原価の算出

製造原価は、損益計算書の売上原価を構成するものである。製造費用の状態を示す財務諸表である「製造原価報告書(=CR)」で計算・報告が行われる。
製造原価は、以下の計算方法によって算出できる。
製造原価=期首材料・仕掛品卸高+当期製造費用敷-期末材料・仕掛品在庫
また、予め決められていた原価(標準原価や予定原価など)と、実際製造に必要とされた原価(実際原価)とに差額が発生した場合、税務上では予定されていた原価計算などによる原価の額が適正に計算されているとみなされる場合は特に調整を必要とはしない。ただし、差額が製造原価の1%相当を超えた場合は調整を要する。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。