現金

Pocket

現金とは、一般的には現金通貨のことを指すが、会計用語においては小切手・トラベラーズチェック・外国通貨などのただちに現金化可能な通貨代用証券も含む。

会計上、企業の起点は株主からの現金の出資であり、また会計公準においてもあらゆる資産の価値は貨幣価値に変換した上で評価するという原則があるため、経営において現金というのは実際の貨幣的価値の側面のみならず、企業の根幹となる概念であると言うことができる。

企業規模が大きくなるほど、通貨代用証券での取引が増え一般的な意味での現金の扱いは減少する傾向にあるが、消耗品の購入や近距離の交通費といった少額経費の支払いに備えて、大企業であってもある程度の金額はいつでも支出できるように小口現金として保管されているのが普通である。

通常の営業活動を行っている企業であれば、会計上の現金の出入りは非常に多くなるため、個別に現金出納帳として管理することが多い。

なお、手形は現金には含まれないため注意が必要である。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。