未収収益

Pocket

未収収益とは、一定の契約に従い継続して役務の提供を行う際、すでに提供した役務に対していまだ支払を受けていない対価を計上するための勘定科目(経過勘定)である。また未収収益は「本来の営業活動に関わる取引」に対して使用される勘定で、本来の営業活動に関わる取引以外の取引によってまだ対価の支払を受けていない債権は未収収益に該当せず、未収金勘定などで処理する。もっとも典型的な未収収益は未収利息や未収地代などである。

未収収益の処理について

未収収益は契約により時間の経過とともに発生する収益である。このため、実現主義・発生主義・費用収益対応の会計処理原則に基づき、役務の提供を行う期間にわたって収益を期間配分する必要がある。決算においては実際の支払時期とは関係なく、当期に発生したと考えられる収益を当期の損益計算書に計上するとともに、収益の見越額を貸借対照表の資産の部に掲出する。
なお未収収益は経過勘定であるため、決算時に計上した未収収益は翌期首に振り戻しを行う必要がある。

未収収益の定義について

未収収益は企業会計原則注解によって次のように定められている。

「未収収益は、一定の契約に従い、継続して役務の提供を行う場合、既に提供した役務に対していまだその対価の支払を受けていないものをいう。従って、このような役務に対する対価は時間の経過に伴い既に当期の収益として発生しているものであるから、これを当期の損益計算に計上するとともに貸借対照表の資産の部に計上しなければならない。また、未収収益は、かかる役務提供契約以外の契約等による未収金とは区別しなければならない」

このことから、未収収益の定義は
・一定の契約に従い、継続して役務の提供を行う際の収益であること
・時間の経過にともない発生する収益であること
の両方の条件が満たされる場合のみに該当すると考えられる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。