未払金

Pocket

未払金とは、本来の営業取引以外の非継続的な取引から生じる一時的債務を処理する勘定科目である。
本来の営業取引から生じる債務である「買掛金」や、継続して提供を受ける役務の対価の未支払分である「未払費用」とは区分される。また「非継続的な取引」とは原則として1回の取引で完結するものであり、継続的に取引が続く場合は未払費用として処理される。

未払金の考え方

未払金と混同されやすい未払費用については、企業会計原則注解によって次のように定められている。

「未払費用は、一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合、既に提供された役務に対していまだその対価の支払が終らないものをいう。
(中略)
また、未払費用は、かかる役務提供契約以外の契約等による未払金とは区別しなければならない」

したがって、勘定科目としての未払金は一時的債務のうち上記の未払費用および買掛金に該当しないものを指すと考えられる。

・仕入に対する未払分・・・買掛金
・継続的な役務提供契約に基づく用役に対する未払分・・・未払費用
・非継続的な用役に対する未払分・・・未払金
・財貨に対する未払分(買掛金を除く)・・・未払金

具体的には固定資産や有価証券などの購入代金、事務用消耗品費や工具器具備品、外注加工費などの未払分が未払金に該当する。また代金を月末払いにした場合や割賦購入・分割払、クレジットカードによる購入なども未払金の範ちゅうに含まれる。
なお、資金繰りの都合などで給与を支給日に支給できず支給を遅延させた場合、給料の未払分は未払金勘定で処理される。

決算における未払金の扱いについて

決算期における未払金はワン・イヤー・ルールの適用を受け、貸借対照表上では貸借対照表日の翌日から1年以内に支払期日が到達するものは「未払金」として流動負債の部に計上される。また、1年を超えるものは「長期未払金」として固定負債の部に計上される。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。