手形売却損

Pocket

手形売却損とは、決められた一定の期日の前に、受取手形を清算してお金を受け取ることで発生する割引料のことである。

受取手形には支払うべき額面と期日が決められているのだが、その期日よりも前に生産した場合に発生する、手形額面金額と手取金額との差額のことである。

これらの割引料は、手形売却損という勘定科目で管理することができる。受取手形の支払期限よりも前にお金を受け取ってしまうと、割引料が適用されるため、少しの損をしてしまうのだが、少しでも早くお金を受け取りたい時にこの方法を利用することができる。

受取手形を期限よりも前に、銀行に出した場合には割引料が発生するが、この費用は営業外費用として分類する。状況によっては、支払利息とまとめて、支払利息割引料という科目で管理することもできる。

手形売却損を上手に利用することで、会社の経営により利益になる方法で、資金を活用できるという大きなメリットを持っている。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。