仕掛品

Pocket

仕掛品とは、企業会計において、製造途中の段階で未完成の状態の製品のことであり、つまりは原材料を少しでも加工している製品のことを指す。

製造途中の製品には、仕掛品と半製品があるが、半製品は商品として提供したり保存したりできるものを指すのに対して、仕掛品とは商品としての提供も保存もできないという点でそれぞれ異なる。

つまり、仕掛品はその商品自体では、価値がなく販売できない商品のことを指しているともいえる。

また、勘定科目の分類上、仕掛品は棚卸資産として分けられる流動資産であり、仕掛品勘定の科目として分類される。

仕掛品の原価は、正確な方法を用いて算出する必要があるが、原価算出方法によってその扱い方が異なる点に注意が必要である。原価の算出を行なわない会社においては、売価還元法により判断することができる。

このように仕掛品であっても、適正に管理することにより、将来に対して資産の保存を行なうことができるのである。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。