総資産利益率

Pocket

総資産利益率(ROA)とは、会社の事業に対して投資された資産が、どれだけ効率よく収益を得ているかを示すための指標のことである。

総資産利益率は、リターンオンアセットと読み、利益率は10%ほどなら大変優良、5%ほどで良い、1~2%で普通と判断できるのだ。総資産利益率の判断にどんな利益を使うかは考え方が異なりますが、一般的には当期純利益を使うことが多いのだ。なぜなら会社の取引は税金などの経費を引いた、利益を得ることが目的であるので、事業の効率性や収益性を考える必要があるのである。

支払利息や法人税などを引く前の利益を使う方法もあるが、それを借入金利と比べることで、有効性を分析することができるのである。会社の多くは借入を資金繰りの目的で行なっており、必ずしも利益のためではないこともあることも理解しておく必要があるのだ。中小企業の中には、自己資本を増やすことが良いと考えることもあるが、株主から見ると、回転率の悪い経営となってしまうのである。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。