総資本利益率

Pocket

総資本利益率(ROA)とは、会社の事業に投資された資産がどれだけ効率よく運用され収益につながっているかを示すための指標である。

総資本利益率を見ることで、会社の経営がどれだけ効率性や収益性を示しているかを示す指標となっているのである。ちなみに英語では、リターンオンアセットと読み、当期純利益を総資産で除することで計算できるのだ。一般的には10%ほどで大変優良、5%ほどで良い、1~2%ほどで普通と判断されるのである。総資本利益率を分析する際には、会社の事業がどれだけ効率的で収益性があるかを判断するために、税を引いた後の当期純利益を使うのが一般的なのです。

総資本利益率が高いほど、会社が安定した経営をしていることを表すことができるのである。株主から調達した資金の効果性を分析するには有効な方法ですが、利息が増えるというリスクも持っていますから、注意も必要である。会社として総資本利益率が上がれば、取引先や株主からの信用を得ることができ、会社の資金もより安定するのである。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。