未実現利益

Pocket

未実現利益は、連結グループ内の会社間において、内部取引の結果発生した利益の中で、まだ実現していないもののことを指す。

連結グループ内の会社間で商品の売買取引などを行う際に、商品の販売を行なった連結会社により計上された利益は、連結グループの内部利益になる。その内部利益は、内部取引において対象となった商品が、連結の外部へ販売することにより実現する。

ところが、期末時点で、内部取引における対象商品が、棚卸資産のまま連結グループ内に存在する場合、該当する内部利益は、期末時点で商品を保有する連結会社の中で棚卸資産残高となり、期末時点では未実現となる。その金額を未実現利益と呼ぶ。

なお、棚卸資産の連結内部での取引において内部利益が計上したにもかかわらず、売買取引の対象である商品が、期末に在庫としてまだ存在する場合、連結上では、その商品に関する未実現利益の消去を行なう必要がある。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。